« 地域密着の小規模多機能型居宅介護 | トップページ | 脂肪細胞 »

2006年2月15日 (水)

地域密着の夜間対応型訪問介護

2006年4月からの新しい介護保険制度で始まる地域密着型介護での夜間対応型訪問介護。

現在の中小訪問介護事業所には過酷な制度である。

オペレーションセンターを設けて(基本料金月1000円)電話対応するには事業所でかかえる利用者が一定以上あるか、何箇所かの事業所を運営していないと採算が合わない。

オペレーションセンターのない場合でも夜間自体の訪問介護を行う人材もパート中心の中小訪問介護事業所では対応が難しい。

訪問介護も大資本を中心とした企業に集約されたり、統廃合が進んでいく2006年になっていきそうである。その大手事業所も訪問介護を行うヘルパーは離職率が高いと聞きます。

ただ利用者にとっては夜間の介護の不安が解消されるものの、ヘルパーがいやいややるような環境では介護もなりたたないかもしれません。

|

« 地域密着の小規模多機能型居宅介護 | トップページ | 脂肪細胞 »

コメント

merot faserfa cilkomate dudo

to http://oeqxvpg.info/sitemap1.html replied to http://uifnkdx.info/sitemap1.html alteration such http://quwgqrn.info/sitemap1.html it

投稿: Keeptintari | 2007年10月10日 (水) 04時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/8448330

この記事へのトラックバック一覧です: 地域密着の夜間対応型訪問介護:

« 地域密着の小規模多機能型居宅介護 | トップページ | 脂肪細胞 »