« 過活動膀胱 | トップページ | 腰痛予防運動 »

2006年3月11日 (土)

民間医療保険

民間医療保険がブームである。

厚生労働省の医療制度改革、特に自己負担増への反旗かもしれないが各社がしのぎを削っている。

入院と手術給付金にしぼった保険料の安いものから、手術給付金の対象範囲の拡大、解約返戻金ありなどで保険料の高めのものまである。

入院給付日数の上限が180日までのものや、手術給付対象が88手術あるものまで。もちろん保険料は高くなるのでしょうが・・・

また、生命保険とちがって、保険会社の将来の支払い原資に対する準備金積立がどうなっているかも情報開示不足気味のような気がしますがどうでしょう。

厚生労働省も国民皆保険制度維持のために、費用削減一筋だけの考えから脱却する必要があるかもしれません。

|

« 過活動膀胱 | トップページ | 腰痛予防運動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/8757844

この記事へのトラックバック一覧です: 民間医療保険:

« 過活動膀胱 | トップページ | 腰痛予防運動 »