« 女性医師の国際比較 | トップページ | 岩盤浴と砂風呂とサウナ »

2006年7月31日 (月)

医師は過剰になる?

医師数は2015年頃に28万人に、2035年頃に32万人になるとの厚生労働省の試算がある。

一方で厚生労働省は患者数を基にした医師数は28万人で均衡が取れるという。

2015年以降は医師過剰だというのである?

すでに病院減少、開業医増で医師過剰気味でもないのかな?

医師過剰うんぬんより、産婦人科・小児科・僻地の医師など医師の配置問題が先決のような気もするし・・・

弁護士も法科大学院制度で過剰になるという予測があったり、弁理士も合格者数が増えて過剰になっていくとの予測があったり・・・

人口減少時代なので、資格を持つだけでは意味がないということかな?

|

« 女性医師の国際比較 | トップページ | 岩盤浴と砂風呂とサウナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/10582040

この記事へのトラックバック一覧です: 医師は過剰になる?:

« 女性医師の国際比較 | トップページ | 岩盤浴と砂風呂とサウナ »