« 健康保険資格喪失後の医療機関受診 | トップページ | 産婦人科の無過失補償制度 »

2006年9月27日 (水)

リハビリスーツ

松下電器産業と神戸学院大学などの共同開発でリハビリスーツが試作された。

健康側の腕を動かすと麻痺側の腕も動くという優れもの。

コンプレッサーを利用して、センサーの反応で動かそうとする原理である。

麻痺側の腕にはゴム製人工筋肉が取り付けてある。

廃用症候群予防にはもってこいのリハビリスーツ。

2008年に京都のアクテイブリンクから200万円以下(量産されれば25万円程度)で製品化予定とのことであるが、はやく市場化されるのが待ち遠しいものです。

|

« 健康保険資格喪失後の医療機関受診 | トップページ | 産婦人科の無過失補償制度 »

コメント

この手のロボットって流行ですよねぇ。
だけど、これってロボットって感じがほとんどしないし、すごいいい感じ!!
よくテレビに出ているのって、なんか怖い・・・。私だけ????

投稿: こいぬ | 2006年9月29日 (金) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/12058056

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリスーツ:

« 健康保険資格喪失後の医療機関受診 | トップページ | 産婦人科の無過失補償制度 »