« 介護事業所の感染症対策 | トップページ | リハビリスーツ »

2006年9月25日 (月)

健康保険資格喪失後の医療機関受診

医療機関では窓口で保険証を確認して保険診療を行ないます。

この保険証を確認しても、実際には保険証の資格喪失がされている場合もあります。

この場合、保険診療で1~3割の自己負担で診療がなされるのですが、保険の資格喪失の状態であると残りの9~7割の診療費が保険者から支払われません。

社会保険支払基金に毎月寄せられる保険請求れすぷとの資格返戻の45%がこうした康保険資格喪失後の医療機関受診のようです。

どうしてこうなるのでしょう。

保険資格確認システムが未整備であるからです。

この必要性は高いのですが、医療システムにまつわる様々なコストを誰が受け持つのかが問題です。

|

« 介護事業所の感染症対策 | トップページ | リハビリスーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/11573851

この記事へのトラックバック一覧です: 健康保険資格喪失後の医療機関受診:

« 介護事業所の感染症対策 | トップページ | リハビリスーツ »