« 医療関連サービス | トップページ | 脳卒中一次予防 »

2006年12月 4日 (月)

老化に関する仮説

老化はなぜ起きる?

体が錆付くのか?

蛋白質が変生していくのか?

老廃物が沈殿していくのか?

免疫力が低下していくのか?

細胞分裂に限界があるのか?

遺伝子の修復に限界があるのか?

ホルモンが低下していくのか?

定説はないのですが、人間は本来120歳以上まで生きられるとする考えもあります。

既婚者の方が未婚者より長寿とは言われています。

|

« 医療関連サービス | トップページ | 脳卒中一次予防 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/12352152

この記事へのトラックバック一覧です: 老化に関する仮説:

» 頻尿の方へのサプリメント [サプリメント情報館]
頻尿は、大量に水分摂取したり、コーヒーや緑茶などの利尿作用のあるものを多めに飲んだなどの一過性の場合や、なんとなくトイレに行っておきたくなる心因性の場合のほか、男性の場合は前立腺肥大症が、女性の場合は膀胱炎や膀胱の萎縮が多い原因となります。前立腺肥大症...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 00時57分

« 医療関連サービス | トップページ | 脳卒中一次予防 »