« 歯科医院のレセプト | トップページ | 死亡場所 »

2007年1月29日 (月)

注意欠陥多動性障害(ADHD)

注意欠陥多動性障害(ADHD)は多動性、不注意、衝動性を症状の特徴とする発達障害の一つです。
精神疾患分類のDSM-IVによる正式名は注意欠陥・多動性障害 (AD/HD) 。
ICD-10による分類での名称は同様の症状を指す多動性障害(たどうせいしょうがい、Hyperkinetic Disorders F90)。
いずれにしろ注意力を維持したり、様々な情報をまとめることを苦手とする注意欠陥・多動性障害である。

病状としては

不注意としては、
学業その他の活動において、綿密に注意する事が出来ず、不注意な過ちをおかす。遊びでも注意を持続することが困難。直接話しかけられたときでも聞いてないよう。指示にも従ない。こうした症状が少なくとも6ヶ月間持続した事がある。

多動性としては、
手足をそわそわ動かし、椅子の上でもじもじする。教室で座っていられない。余計に走り回ったり高いところへ上がったりする。しゃべりすぎる。

衝動性としては、質問が終わる前に出し答え始めてる。順番を待つ事ができない。他人を妨害し、邪魔する。

こうした症状が7歳以前に存在し、学校と家庭でも見られ、社会的、学業的に著しい障害が存在する。他の精神疾患でない。

この場合に注意欠陥多動性障害(ADHD)とされます。

大脳の前頭葉が深くかかわっているとされますが不明な点もまだ多いのが実情でしょう。

|

« 歯科医院のレセプト | トップページ | 死亡場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/12477315

この記事へのトラックバック一覧です: 注意欠陥多動性障害(ADHD):

« 歯科医院のレセプト | トップページ | 死亡場所 »