« 医療事業の目的と要 | トップページ | 糖尿病について »

2007年4月 9日 (月)

人類とヘリコバクターピロリ菌

人類の祖先は5万8千年前にはアフリカ大陸にいた。

その後、各民族に分かれていった。

その各民族では胃のピロリ菌のタイプが分かれている。

古くは東アフリカ型から欧州型、アジア型、アメリカ型へとピロリ菌は進化してきた。

その元である東アフリカ型のピロリ菌は5万年前から人類の祖先と共存してきている。

現在、ピロリ菌は胃潰瘍や胃炎の原因とされ除菌対象にもなっているが、5万年ほども共存してきた相棒をむやみやたらに除菌して本当に弊害は出てこないのだろうか?

少なくとも過度のピロリ菌の除菌で逆流性食道炎が生じることはわかっている。やはり適切なピロリ菌の除菌が必要です。

このピロリ菌の進化と同じようにB型肝炎ウイルスもアフリカから進化してきています。

|

« 医療事業の目的と要 | トップページ | 糖尿病について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/13836257

この記事へのトラックバック一覧です: 人類とヘリコバクターピロリ菌:

« 医療事業の目的と要 | トップページ | 糖尿病について »