« 防衛医科大学医学部 | トップページ | 産業医科大学医学部 »

2007年7月 6日 (金)

自治医科大学医学部

自治医科大学は入学料百万円、授業料(年額)180万円、実験実習費(年額)50万円、施設設備費(年額)130万円必要とされている(平成19年度)。

が、

出身都道府県知事の指定する公立病院等に勤務(そのうち2分の1は、僻地等の病院、診療所に勤務)した場合は、その返還を免除される修学資金貸与制度がある。

このため学費無料での医学部卒業が可能である。

問題は、僻地医療が必須になっている点である。僻地医療を拒否するには学費を支払えばいい。

実際には卒業生の多くは僻地医療に従事している。

大学は栃木県下野市です。

|

« 防衛医科大学医学部 | トップページ | 産業医科大学医学部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/15672298

この記事へのトラックバック一覧です: 自治医科大学医学部:

» 神戸新聞「兵庫人」 =第4部「医」をめぐる旅から= [ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)]
 神戸新聞7月29日付「兵庫人」、第4部「医」をめぐる旅の今回の主人公は、医師の松浦尊麿(まつうら たかまろ 60歳)氏である。  松浦氏は現在60歳で、医学生時代、大学紛争に明け暮れ、仲間と「理想の医療」について論じ合ってきたとのこと。  そういう私も、現在58歳、まさに「大学紛争華やかなりし時代」を学生... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 08時14分

« 防衛医科大学医学部 | トップページ | 産業医科大学医学部 »