« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月27日 (月)

厚生労働大臣に舛添要一

新厚生労働大臣に舛添要一氏が就任するとのことである。

彼はたしか、東大助教授の時には国際政治学者であったはず。

厚生労働行政は知っているのでしょうか?

疑問なところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月26日 (日)

武見敬三氏の次点理由

武見敬三氏が先の参議院選挙で次点になった理由がでてきました。

関西圏・北関東圏での得票率がかなり低かったことが影響したようです。

先の日本医師会長選挙の遺恨が残っていたのでしょう。

この結果、2008年4月からの高齢者医療制度に医師会からの代弁者が少なくなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

医療事務募集:番号7番

足立区綾瀬勤務

医療事務(電子カルテのパソコン操作あり)

勤務: 毎週月・水・木・金曜日の午前9時~昼12時半

    毎週月・木曜日の午後6時~午後7時半

    時給:900円

連絡先:ohyama67@yacht.ocn.ne.jo

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年8月19日 (日)

医療事務募集:番号6番

葛飾区堀切勤務

医療事務(電子カルテのパソコン操作あり)

勤務: 月・木・金・土・日曜日の昼12時半~午後9時半(途中休憩あり)

    時給:1000円(常勤:応相談)

連絡先:ohyama67@yacht.ocn.ne.jo

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月18日 (土)

看護師募集:番号5番

葛飾区堀切勤務

外来看護業務

勤務: 月・水・木・金・日曜日の午後2時~午後9時半(途中休憩あり)

時給:正看護師1800円・准看護師1600円(常勤:応相談)

連絡先:ohyama67@yacht.ocn.ne.jo

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月15日 (水)

看護師募集:番号2番

足立区綾瀬勤務

外来看護業務

勤務:午前9時半~昼12時半

時給:正看護師1600円・准看護師1400円

連絡先:ohyama67@yacht.ocn.ne.jo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

看護師募集:番号1番

葛飾区お花茶屋勤務

訪問入浴看護業務

勤務: パート午後1時~午後6時・午前8時半~午後6時(昼休み1時間弱)

    常勤午前8時半~午後6時(昼休み1時間弱)

時給: パート正看護師1800円・准看護師1600円

    常勤(正看護師26万円、准看護師24万円)

連絡先:ohyama67@yacht.ocn.ne.jo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

介護業界

介護業界はまだ新しく、業界秩序もできていない。不祥事が続いているのもこのせいかもしれない。早急に対処が必要ではある。社会が受け入れる透明な業界ルールが必要であろう。

介護業界で事業所数の多いのは訪問介護と通所介護。現在は訪問介護での不祥事が多発しているが、いずれ通所介護での不祥事も多発してくることであろう。業界内では訪問介護から通所介護への流れができている。通所介護事業所数の伸びは訪問介護事業所数の伸びより大きい。

訪問介護・通所介護とも事業所数が多いレッドオーシャン状態である。一方で、介護予防が始まり利用者数にも歯止めがかかってきた。団塊世代の高齢化で利用者数が増えそうだが、介護保険適応基準が更に厳しくなれば必ずしも利用者が急増するとは限らない。

介護業界は業界全体の拡大は望めるものの、保険経済下での財源問題から、収益の拡大は難しい業界とも言える。何よりサービス単価が事業所で決められず、保険点数で規定されている。自由経済競争はコスト面と付加価値でしか考えられない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 3日 (金)

終末期医療

終末期に関する意思確認書の検討を北海道の定山渓病院が発表している。

人工呼吸器装着希望なし94%

心肺蘇生希望なし90%

輸血希望なし74%

以上のような結果が出たようである。

一方で、

酸素希望なし2%

点滴希望なし12%

以上からある程度の医療の希望はありそうです。

患者背景や地域特性にも影響されるでしょうが、終末期医療のありかたは議論とコンセンサスが必要でしょう。

国のガイドラインもまだ、突っ込んだものにはなっていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »