« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

開業医の年収

個人診療所開設者の平均手取り年収は、55~59歳で約1469万円というのが日本医師会の見解。事業所得は約2043万円であるという。この額は中小企業経営者や大手金融・保険業の部長クラスと同程度とされている。

一方で、厚生労働省の医療経済実態調査によると平均月収は多いところで見てみると民間病院の院長が259万円と最も高く、民間診療所の院長は230万円 (ベッドあり)、207万円(ベッドなし)としている。民間病院勤務医師は134万円としている。 公的病院の方はこれより低くなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

介護の目的

介護の目的の第一は社会的入院を減らして在宅ケアを実現する。

介護の目的の第二は寝たきり予防を行い、人的社会資源の劣化を防ぐ。

介護の目的の第三は医療の手の行き届かない領域をサポートする。

ならば、

第一に関しておせっかい介護は本末転倒。要介護4-5に特化した介護を充実させるべき。

第二に関して老人サロン化、過剰化された介護で廃用進行させる状況を回避し、本当に廃用防止が必要な人に特化した介護を行うべき。

第三に医療との連絡のない介護サービスは保険外にすることも考慮すべき。ケアプランが本当に必要な介護サービスをプランしているのかのチェックがなされるべき。

コムスンを契機に規律の求められる介護業界に、社会からの要求に応えられる倫理観をもった経営陣が必要とされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

妊婦死産問題

妊婦死産問題で明らかになったのは・・・

経済的困窮から未受診、かかりつけ医のない妊婦が多数いること。

妊婦の医療費未払いもあります。

出産には医療保険がききません。

少子化対策には妊婦検診の軽減のための助成も必要でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

トラベルクリニック

黄熱、破傷風、A型B型肝炎、狂犬病、日本脳炎、マラリアなどの予防接種・予防投薬にトラベルクリニックが活用されます。

日本人は年間1700万人前後の海外渡航者がおり、今後も必要性は増してきます。

現状では渡航者健康管理センターなどが対応していますが、一般診療所での対応も必要でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »