« 妊婦死産問題 | トップページ | 開業医の年収 »

2007年10月25日 (木)

介護の目的

介護の目的の第一は社会的入院を減らして在宅ケアを実現する。

介護の目的の第二は寝たきり予防を行い、人的社会資源の劣化を防ぐ。

介護の目的の第三は医療の手の行き届かない領域をサポートする。

ならば、

第一に関しておせっかい介護は本末転倒。要介護4-5に特化した介護を充実させるべき。

第二に関して老人サロン化、過剰化された介護で廃用進行させる状況を回避し、本当に廃用防止が必要な人に特化した介護を行うべき。

第三に医療との連絡のない介護サービスは保険外にすることも考慮すべき。ケアプランが本当に必要な介護サービスをプランしているのかのチェックがなされるべき。

コムスンを契機に規律の求められる介護業界に、社会からの要求に応えられる倫理観をもった経営陣が必要とされます。

|

« 妊婦死産問題 | トップページ | 開業医の年収 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/16870813

この記事へのトラックバック一覧です: 介護の目的:

« 妊婦死産問題 | トップページ | 開業医の年収 »