« 医師不足問題 | トップページ | 救急トラウマ »

2008年2月10日 (日)

米国医療と日本医療

米国ではGDPの16%を医療に費やしています。日本では8%と半分しか医療に費やしていません。

米国では6人に1人は医療保険を持っていないので、医療が気軽に受けられません。日本では皆保険制度のため気軽に医療が受けられます。

WHOが発表する世界の医療システムランキングでは米国は37位。一方で日本は10位です。

人口一人当たりの年間医療費は米国は世界一です。2004年で66万円程度とされ、日本は23万円程度とされています。

米国で破産になった理由の第一位は医療費の借金です。米国では大病にかかると破産する確率が高くなります。保険会社が医療費支払い拒否をしたりするのが原因でもあるようです。

こんな米国の医療制度を見習う必要はありません。

WHOで医療システムランキングのベスト3はフランス・イタリア・サンマリノになっています。

こちらの医療制度に眼を向けるべきでしょう。

|

« 医師不足問題 | トップページ | 救急トラウマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/40076859

この記事へのトラックバック一覧です: 米国医療と日本医療:

» 自動車保険の比較の極意 [自動車保険の比較の極意]
自動車保険を安心の内容で安く加入するには等級を知り、比較も大事。新規加入にも見直しにも自動車保険の極意の情報を掲載。 [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 22時01分

» 医療保険で安心の医療費対策 [医療保険で安心の医療費対策]
医療保険は突然の病気などに備えて、医療費対策としても加入しますが、病気によって診断されるだけで保険が降りたり、ケガの特約もあったりして保険商品が豊富です。そんな医療保険の比較や、女性特有の病気の保険なども解説するブログです。 [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 10時24分

« 医師不足問題 | トップページ | 救急トラウマ »