« 子供のたばこ・排ガス被害 | トップページ | 医療政策の歴史 »

2008年7月11日 (金)

医療・介護難民はどこに行く

厚生労働省の一方的な方針による介護療養型病床削減・医師不足による一般病床閉鎖で医療難民が格差社会に投げ出されています。

介護施設の報酬削減で介護難民が格差社会の闇に隠れています。

医療・介護難民はセーフティーネットで助けられているのだろうか。

社会保障費削減一辺倒で国民が一番損をしていないか?

国の財源を一般財源・特定財源などに分けている弊害がでていないか?

後期高齢者医療制度の次にくるのは、その費用削減。必要な人に必要な医療でなく、限度を決めた医療をという結果になりかねない。

大きな問題がでてきつつあります。

|

« 子供のたばこ・排ガス被害 | トップページ | 医療政策の歴史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/41805243

この記事へのトラックバック一覧です: 医療・介護難民はどこに行く:

» チャットレディNavi [チャットレディNavi]
チャットレディNavi [続きを読む]

受信: 2008年7月12日 (土) 02時50分

» チャットレディの時給について [チャットレディの時給について]
チャットレディの時給について [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 04時14分

« 子供のたばこ・排ガス被害 | トップページ | 医療政策の歴史 »