« 医療保険制度は日本政府が意志決定する。 | トップページ | 運動療法 »

2008年10月26日 (日)

米国の医学生

米国の医学生の半数が女性であり、その妊娠に伴う3ヶ月の出産休暇の際に、教育プログラムや研修プログラムをどうするかが問題になっている。

1950年に研修中の出産女医は24%であったが、1989年では42%に増加している。

医師としての労働力、卒後教育、同僚の期待との調整も難しい。

同様の問題は日本でもありうる。表面化していないだけであろう。あるいは医師としてのキャリアをあきらめている場合もある。

新婚夫婦は共働きする傾向があり、研修中の育児がさらに困難になっている。新婚年齢(出産適齢年齢)が医師としてのキャリアの一番重要な時期でもある。

|

« 医療保険制度は日本政府が意志決定する。 | トップページ | 運動療法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/42907853

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の医学生:

« 医療保険制度は日本政府が意志決定する。 | トップページ | 運動療法 »