« 米国の医学生 | トップページ | 2008年11月4日朝日新聞記事「253接骨院、請求に問題」 »

2008年11月 4日 (火)

運動療法

週に一度でも積極的な運動を継続することは糖尿病の発症予防に繋がります。

その運動が継続されると更に効果的です。交感神経系の作用は継続的な運動による基礎代謝量の増加に関与しているともされています。

運動では体脂肪が分解され、筋肉で消費され、体脂肪が減少していきます。

活動量、全身持久力が増大すると体重減少、糖脂質代謝、血圧改善をもたらし、歩行能力改善、下肢荷重軽減になり、更に活動量、全身持久力が増大する好循環あ生まれます。

|

« 米国の医学生 | トップページ | 2008年11月4日朝日新聞記事「253接骨院、請求に問題」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/42908027

この記事へのトラックバック一覧です: 運動療法:

« 米国の医学生 | トップページ | 2008年11月4日朝日新聞記事「253接骨院、請求に問題」 »