« 運動療法 | トップページ | メディアスと日本医師会 »

2008年11月 5日 (水)

2008年11月4日朝日新聞記事「253接骨院、請求に問題」

朝日新聞記事で東京都内の4000あまりの接骨院の中で250あまりの接骨院が「問題あり」で「ブラックリスト」化しているという。

これらの接骨院、整骨院は肩こりや腰痛のマッサージを捻挫や怪我と偽って健康保険請求しているという。

これら接骨院、整骨院は療養費請求機関取消、支払い拒否などの徹底的な対処が望まれます。

記事では区市町村や都への通知のみで終わっていたりして野放しにされている実態も報告されており、その区市町村も摘発には乗り気でないらしい。ここにも問題があります。

ただ単に注意をするだけで終わっていることもあるようで、自浄作用のない業界団体への注意文書送付だけで終わっていることもあるようである。

医療費の無駄減らしのためにも徹底的な療養費管理が必要である。

|

« 運動療法 | トップページ | メディアスと日本医師会 »

コメント

全く同感です!!
この問題に加えて、民主党が柔道整復師の業務にレントゲン撮影を加えようとしています。正に党を挙げてこれを立法化しようとしています。
医師法や診療放射線技師法などとの整合性をどのように考えての事なのか、全く理解出来ませんし、何よりもX線撮影を行う事の意味は、即ち、診断です。そもそも診断とは医師の業務です。
更に加えて、彼らは(数人の民主党国会議員)代替医療も保険適応の枠組みに認めろ!と活動しています。勿論、柔道整復師の更なる業務拡大も含めてですが、カイロ、アーユルベーダ、アロマテラピーにまで及びます。
もうここまでくれば、開いた口が塞がりませんでした。
嘘のような話ですが、数人の民主党国会議員が本気でやってます。以前、直接メールを送り、何故?そのように思うのか?と趣旨を聞いたところ、回答は「現行の西洋医学では、医療に対する患者さんの不安や不信が解消できないから」との事でした。
具体的根拠は全く示されないままです。

05年の柔道整復の保険請求額は、なんと皮膚科、産婦人科を上回っています。驚くべき数字です。

柔道整復師の業界(一部の人だとは思いますが)と政治的な絡みが見えてきそうな気がします。

それぞれの自浄努力を強く望みます。

長々と書き込み、すみませんでした。

投稿: 安藤 | 2008年11月13日 (木) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/43021419

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年11月4日朝日新聞記事「253接骨院、請求に問題」:

« 運動療法 | トップページ | メディアスと日本医師会 »