« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月17日 (木)

診察室のデザイン

2009年HERD10月号では診察室のデザインによる患者との情報共有率向上に関するRCT結果が報告された。

報告では医師と患者とがコンピューター画面を同時に見られる場合、医師は患者とより多くの情報が共有できる結果になった。

この結果からは人と人とが共有する空間で、共有する作業内容に影響が及ぼされることが示唆される。よりよい医療の転帰や体験をもたらすためには多数の昇降の積み上げが必要であることは職務の基盤である。保健環境分野のさらなる研究が望まれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »