« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月22日 (木)

脳卒中

脳卒中は重症で症状が固定すると介護保険の受給者になりますが、軽症で治癒過程にあると医療保険の受給者である期間が長くなります。

脳卒中の医療費が高い場合は軽症が多く、脳卒中の介護費が多い場合は重症が多いことになります。

|

2010年7月18日 (日)

医師の偏在理由

医師の経済合理性による移動

リスクの低い診療科選択

ワーク・ライフ・バランスにおけるライフの重点化

過酷な診療科の敬遠

医師不足(医療の専門化・細分化、労働に見合わない給与水準、医療訴訟や患者要求の高高まり)

|

2010年7月17日 (土)

医学部入学定員

現在医学部の定員増加がなされているため、

2007年度と比較すると2010年度は医学部入学定員は1221人増えている。

一つの大学の医学部の定員は100人程度なので12大学医学部分の定員が現在でも増えているのである。更に医学部新設の必要性は全くない!

現状のままでも2025年度には医師数は33.9万人にまで増加する。いずれ削減が必要になる。

しかも人工は2007年の1億2777万人をピークに減少しだしている。

2025年には1億1927万人に人口は減少する。人口1000人あたりの医師は2.8人程度になりG7平均2.9人と変わらなくなる。

医師不足が問題なのでなく、医師の偏在が問題なのである。

|

2010年7月16日 (金)

2009年度後期高齢者医療費と介護費

2009年度後期高齢者医療費は11.94兆円で前年比5.7%増。

2009年度介護費は7.56兆円で前年度比7.3%増。

介護費用の大幅増は2009年度介護報酬3%プラス改訂だけでなく、

民間企業過剰参入による需要掘り起こしで過剰介護がなされている可能性もある。

居宅サービス3.63兆円(9.4%増)、施設サービス3.29兆円(4.2%増)であったことからも居宅サービス過剰が伺われる。

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »