« よくありがちな医療と介護のプラットホーム | トップページ | 接骨院制度問題 »

2010年10月 1日 (金)

医学部定員増

2010年医学部の定員は8846人で過去最多。2007年度が最低で7625人。

一方で医学部の定員1.5倍から医師数の1.5倍(2008年末で28万6700人)へ目標は変更されている。

医学部の定員増のうち大半の1076人は地域枠。

医学部に入学する18歳人口の割合は2010年で1000人中7.25人、1996年は1000人中1.43人(定員3560人)でハードルは低くなってきている。

医師の数あわせだけでいいのかという議論が沸いている。

|

« よくありがちな医療と介護のプラットホーム | トップページ | 接骨院制度問題 »