« 読売新聞接骨院記事 | トップページ | 医療経営ワンポイント1 »

2010年11月 2日 (火)

2010年11月2日 読売新聞接骨院記事

さいたま市大宮区の整骨院が過去5年間に、施術を受けていない人の療養費約2200万円を市に不正請求していたことが1日、明らかになった。5年間に請求対象となった約1 50人のうち、まだ約100人超の調査が進んでおらず、被害額はさらに増える見込みという。市は大宮署に被害届を出し、損害賠償請求も検討している。

市の発表によると、架空請求をしていたのは、同区大成町の「向仙堂整骨院」(10月1日廃業)元院長の柔道整復師(53)。市が8月末、市内の国民健康保険加入者に整骨院 にかかった際の療養費を通知したところ、「記載されている整骨院に行っていない」などの電話が相次いだという。

市が聞き取り調査した結果、1日までに調査が終わった25世帯46人のうち34人が5年以内に同整骨院で受診しておらず、架空請求と判断した。市の電算システムを改修し、 今年度から、一般の医療費に加え、整骨院などの療養費も通知するようになったため発覚したという。

市の調査に対し、元院長は「5年ほど前からやっていた」と架空請求を認めているといい、返済の意思を示しているという。

|

« 読売新聞接骨院記事 | トップページ | 医療経営ワンポイント1 »