« 社会保障(医療)の給付と負担 | トップページ | 診療報酬問題 »

2011年12月 8日 (木)

社会保障(医療)の効率化

区市町村から県単位の保険者にすることでランニングコスト削減を行い財源不足の公費穴埋めを減らす。

組合健保と協会けんぽと共済組合の一元化と引退後の保険の継続を徹底して国保の財源不足を減らす。

組合健保と協会けんぽと共済組合の一元化の後に国保との一元化も行いランニングコスト削減。

広域拡大保険者で一貫した健康管理をして、若年時からのリスク要因蓄積を抑制する。

広域国保と一元化社保のいずれも「突き抜け方式」にすることで皆保険制度を維持する。

保険料は年齢だでなく所得にも応じて負担する。


|

« 社会保障(医療)の給付と負担 | トップページ | 診療報酬問題 »