« 2016年12月 | トップページ

2017年5月22日 (月)

対策型胃がん検診

対策型胃がん検診での内視鏡検査は日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会、日本消化器がん検診学会のいずれかの専門医が実施するのが望ましいとされています。救済処置的には年間100件以上の胃内視鏡検査実施医師もあげられます。
また機械式自動洗浄が求められます。機械式洗浄ではグルタールアルデヒド、過醋酸が望ましいのですが、強酸性水も救済的に利用されています。
読影では読影員会によるダブルチェック体制が求められます。
対象年齢は50歳以上で、二年間隔の検診が想定されます。
検診で発見された早期癌の予後は良く、内視鏡検査の有効性が期待されます。

|

2017年5月 6日 (土)

奄美の里

Photo_9

|

« 2016年12月 | トップページ